ボサノバと指先ミュート

スポンサーリンク  

おしゃれなコード進行を「ボサノバ」のリズムで弾くレッスンでした!

 

E♭キーだったので特に5弦ルートの「E♭M7(9)」コード時に6弦をしっかり“指先ミュート”する必要があります。

もし鳴ってしまうと半音でとても濁ってしまうんですよね。

 

普段は指先で弦を捉えるようにしているので、5,6弦の隙間にハマるように指を置くのが最初は違和感があります。

ですがゆっくりテンポを落として繰り返していく内に感覚を掴まれてましたね。

 

ギターの場合はしっかり音を鳴らすことと、止めることどちらも大事です。

ミュートが綺麗だとはっきりと説得力のある音を出せるようになるので、普段から気をつけておくといいですね!

 

 

【各種お問い合わせ・レッスンのお申し込みはこちら】

ギター教室 千葉 葛西|| Real-G Guitar School ||千葉|津田沼|船橋|葛西||ギター・ウクレレ教室

ギター・ウクレレ教室です。千葉市を中心に千葉駅・津田沼駅・船橋駅・葛西駅近くにてエレキギター、アコースティックギター、ウ…

 



スポンサーリンク