【コードチェンジに絶大効果】弦に触れるだけでコードの形を作ってみる

スポンサーリンク

前から生徒さんには苦手なコードフォームの改善に「空中コード」を勧めてきました。

 

空中コードとは一旦コードの形を作った上で、その弦の真上にフォームのまま数ミリ浮上させてキープするというものです。

(※指先はしっかり弦の方を向いたまま上げるのがポイントです)

 

この空中コードでフォームが止まっていられるようになると、コードチェンジの移動中に次のフォームの手になる事が出来るようになります。

それが出来るとコードチェンジ自体もスムーズになるので、ひたすらコードチェンジを繰り返す練習よりもとても効率的で効果が高いです。

 

ここで最近さらにその空中に浮かす前のコードフォームを実際音が鳴るように弦を押すのではなく、

力を抜いて弦に触れるだけの状態でコードフォームを作ってもらうようにしています。

 

そうすると今まで空中で暴れていた指が安定し始めるんですね。

 

これは普段押弦してる時の力が入り過ぎているということにもなります。

指は力を入れれば入れるほど言う事が効かなくなります。

 

実際は力を抜いて触れているくらいの脱力感の方が、最終的な正しいフォームの押さえ方に近いんですね。

その状態からほんの少し音が鳴る分だけ押してるだけなんです。

 

なので

『弦に触れるだけでコードフォームを作る』+『空中コード』

でかなり苦手なコードチェンジが改善される可能性があります。

 

ここ最近のレッスン内でとても実感しています。

是非お試しあれ!

 

ギター教室 千葉 葛西|| Real-G Guitar School ||千葉|津田沼|船橋|葛西||ギター・ウクレレ教室

千葉・葛西・津田沼・船橋駅近くにてエレキギター、アコースティックギター、ウクレレを教えているギター教室です。初心者の方〜…



スポンサーリンク