ハンマリングとプリングの音を綺麗に出すポイント

スポンサーリンク

 

ハンマリング・オンプリング・オフで音を綺麗に出すためには気をつけるポインがあります。

 

人差し指中指を使う場合で考えましょう。

その場合中指で弦を押し込んだり、弦を引っ掻いたりすると思います。

 

動きのある中指ばかりに気をつけていても綺麗に音がならない可能性があります。

実はずっと押さえ込んでいる人差し指をしっかり押さえ続けていないと、ハンマリング・プリング時の音は出にいくいです。

 

以上のポイントだけでも音は出やすくなると思いますが、もしハンマリングでまだ音が出にくい場合は押し込みが甘い可能性があります。

 

弦を触ったくらいで終わりにしてしまうと弦の振動を止めてしまうので、しっかりと指板まで押し込んでみましょう。

 

プリングは思っているより力を入れ過ぎで引っ掻いていることが多いようです。

これだと人差し指で押さえているとこまで動いてしまって、

・音が出にくい

・音程が変わってしまう

 

ということが起きてしまいます。

 

人差し指をしっかり保持していれば、指を離す時に軽く引っ掻くだけでも音は出ますのでやってみましょう。

 

ハンマリング・オン、プリング・オフどちらもピッキングした音と同じくらいの大きさで出るように練習してみましょう!

 

 

ギター教室 千葉 葛西|| Real-G Guitar School ||千葉|津田沼|船橋|葛西||ギター・ウクレレ教室

千葉・葛西・津田沼・船橋駅近くにてエレキギター、アコースティックギター、ウクレレを教えているギター教室です。初心者の方〜…

 

 



スポンサーリンク